fc2ブログ

世界名作ウィザードリィ⑫ ついに完結!6英雄よ…新たなる旅に挑戦してほしい!

ウィズの輔

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます



ミーラさんの世界名作劇場ウィザードリィ外伝5つの試練がついに完結しました!

動画をご覧あれ。


完結ということは、ラスボスと闘い勝利したということです。ネタバレになりますので、どんな化物と闘ったのかは是非動画を視て楽しんでください。

オープニングも秀逸です。名劇オリンピックからアニメ映画のOPのようになってきました。どんどん進化していく名劇&様々なゲームとのコラボ動画。

「かっこうの悪い終わり方」という秀逸なタイトル。
世界名作劇場『トムソーヤの冒険』の最終回のタイトル。トムソーヤの冒険の終盤のように、お宝を見つけて金銀財宝ザックザクとなるのか!?旅人の財産というだけあって、とんでもない財宝があるはず。

さすが深層部です。

悪魔系とドラゴン系がこれでもかと登場。

ブラックドラゴンはWIZ3でも登場した、懐かしい敵キャラ。
ダークロードのようなビジュアルはシリーズ通じて強敵が多く、通常エンカウントの敵としては最強クラス。取り巻きとなると非常に厄介なサッキュバス。仰るとおり鎧は着ている!裸のお姫様なんだ。何となく憎めないサッキュバス。シリーズ通しての人気ぶり。初期のウィザードリィは女性キャラが少ないので、サッキュバス、ソーサリスなどは華がありますな。


『氷の鎖帷子』

これ…外伝でも登場するのですね~。
WIZ1では、村正ほどのレア度ではありませんでしたが、レア度の高いアイテム。なにせ、WIZ1は特殊防御能力を秘めた防具が数少なかったので、氷の鎖帷子は冷気抵抗を持った鎧です。FC版ではACバグがあったため、氷の鎖帷子の存在は非常に大きかったですね。

ただ、外伝では特殊防御能力のある武具はたくさん登場するので、氷の鎖帷子ではちょっと目劣りするかもしれませんね^^;

カメレオンスーツの秘密
常時隠れるを発動する最高の鎧と思っていたら、なんと、被ダメも倍打という…。

セーラの装備が未だに「フレイル」だったのでおどろきました^^;最深部なので、せめて「メイス+2」程度の装備を持っているかと思いきや、まさかの!それでも、さすがセーラお嬢様。シンプルかつ一般的な武器でここまで闘ってこれたのは、元々腕っぷしが相当強いと思われます。しかも死んだ回数もたったの2回^^;僧侶のACはシリーズによっては戦士並なので、もしかしたら前衛でボコスカ闘ってくれたら面白いでしょうね。

ミーラさんが事前におっしゃった通り、今回はプレイに集中した動画になっています。それでも、ツッコミ等面白い見どころがたくさんありますが、攻略部分も含めてネタバレしないようここでは書きませんでぜひご覧になってください。

状態異常のカトリが可愛すぎる!

grthgregr.jpg

ラスボスはとにかくカッチカチでしたね。
勝利後は勲章をもらっていましたが、ここから先はあるのか…?気になるところです。外伝とは言え、クリア後のあっさり感はWIZならでは^^;


ウィザードリィと名作劇場のコラボ動画、本当にお疲れ様でした。
初見でウィザードリィ、しかも難易度が高いと言われる5つの試練をクリアされたのは、すごいなと。癖のあるゲームですし、ずっと3Dダンジョンの中で闘い続けるだけのゲームですから、万人受けするものではありません。詰まるところも多く、それでも無事にクリアできたのは、ミーラさんの感の良さと粘り強さだったと思います。

要所要所に入れた名劇キャラボイス、小芝居もゲームの魅力をより高めてくれました。ソウルキャリバーシリーズでもよく書くことなのですが、ゲームの中に名劇のシーンを折り込んでいくのは、ミーラさん動画以外では見たことがありません。

ソウルキャリバーシリーズも含めて、ミーラさん動画から受けた影響は非常に大きいです。
動画には、各名作劇場のヒーロー、ヒロイン、名脇役たちが活躍しており、たとえ名劇本編を知らなくても十分楽しめる内容になっています。むしろ、動画がきっかけで「本編を見てみたい!」「原作を読んでみたい!」という気持ちにさせられました。
私が動画から影響を受けて、視聴あるいは読書した作品はこちらです。

アニメ
「小公子セディ」
「小公女セーラ」
「愛の若草物語」

原作
「家なき娘」※ペリーヌ物語
「ゆきのたから」※アルプス物語 わたしのアンネット
「赤毛のアン」シリーズ
「コゼット」

多くの原作にあたりました。
今後視聴、再視聴したい作品もたくさんあります。

世界名作劇場も言わずと知れた名作。ウィザードリィもまた名作。名作同士のコラボの相乗効果で、名劇好きな人がウィザードリィにハマったり、ウィザードリィ好きが名劇を好きになってくれれば本当にありがたいですね。いや、もうすでに多くの方が好きになっていると思います。

ウィザードリィシリーズは他にもたくさんありますし、ウィザードリィに限らずとも多くのゲームでコラボは可能。今後も注目のチャンネルです。

ありがとうございました!


関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.