fc2ブログ

世界名作ウィザードリィ⑪ マーチ家ついに出撃!テレポーテーション~今、ときを飛ぶ♪

ウィズの輔

※本ブログでは記事中に広告情報を含みます

世界名作劇場ウィザードリィの新作が来たっ!



チャリオットライダー!
いきなり登場した大御所感のあるモンスター!

j;gjiwgjior

顔が3つ、骨になったナイトメア的なヤツを馬代わりにした戦車を駆ってのご登場。強そうだな^^;

最強呪文のニュークリアブラストをぶっ放して楽勝。見掛け倒しでしたな。
砦の外堀あたりを探索中。敵も強くなってきました。ウィザードリィ3や5で見たグラフィックのやつがでてきたな。

人間系は経験値がそれほど高くないにも関わらず、一発持っているのが非常にやっかい。このゲームで言うと「ニュークリアブラスト」や「ギガフリーズ」を唱える連中ですね。

jijgaig;aa

ネザーデーモンがお強い…。

呪文無効化に加えて、高位呪文を連発、ブレス攻撃もある。このブレス攻撃も麻痺、石化、毒などの特殊効果が秘められている場合もあるし、かなりきつそうですね…。

ベスも死亡!

カトリやセディ、セーラも大ダメージを受けてしまい、デーモン系のラッシュはどのシリーズでもリセット準備しながらでないときつそうですなぁ。。。

死や灰から蘇生すると加齢+1なのは、クラシックウィザードリィシリーズ共通のようでしたが、外伝もそうだったのか…!ベスが程よいお姐さんになっていく。そういえば、「MIZ」をプレイしていた時、アンジェレッタも26歳まで年齢が跳ね上がってしまいました^^;これは流石に可哀想なので、「女神の口づけ」を片っ端から開けさせてなんとか18歳まで戻しました^^;

ウィザードリィは、詰まる時は本当に詰まりますからね^^;全くどうしようもなくなり、数ヶ月放置してから再開すると、嘘のようにあっさり進んでしまうことってよくあります。RPGのあるあるかもしれません。

とにかく進めない。

こんな時は…。

戦闘中でのランダムテレポーテーション!!
未踏破エリアに飛び込んだぁ!

奥の手と言っても良い!よくお気づきになられた…!私も他の作品で宝箱のテレポーテーションに引っかかって窮地に陥ったことも、九死に一生を得たこともあります。MPもHPも底をつきかけた時にテレポートに引っかかり、到着した場所がエレベーターの近くだったり。

今回まさに僥倖!
未踏破エリアでの行動がストーリーを進めるきっかけになりました。


砦深部?と思われる場所にはライカーガス先生もw

t349ut439.jpg


小物臭全開のライカーガス。漫画ウィザードリィ外伝レビューでも触れているので旬ですw
グレーターデーモンを盾にして逃げやがったな…^^;

メインパーティーは一歩も二歩も前進!今後の展開が楽しみです。


番外編 マーチ家大活躍!

メインパーティーといいましたが、むしろこの動画ではこちらがメインと言っても良い内容だ!
マーチ家ご出陣!いよいよ…動いた…名劇界の山がっ!4姉妹だけではない、父フレデリックと母メアリーも重い腰を上げた!若草大好きなので、番外編の続編も見てみたいです^^
j;igajgrr

妹をつれてダイヤモンド鉱山に向かいましたが、志半ばにして倒れた2人でしたが、ミンチン院長だけはしぶとく生存。実力不足を思い知った彼女は、大魔法使いベスの親族であるマーチ家に取り入った!

うまくたぶらかしてダイヤモンド鉱山へ向かわせましたが…。

実力は折り紙付きですね!さすがマーチ家の大黒柱。
切り裂きの剣に武者鎧。安定の強さを誇る父フレデリック。
商品の紹介になりますが、ちょうど私は今「マーチ家の父 もうひとつの若草物語 (RHブックス・プラス)」を読んでおり、若き日のフレデリックの活躍が見られます。


51GCUGlmhEL.jpg

本編の「若草物語」とは全く関係のない、完全なる二次創作小説ですが、当時の黒人奴隷問題を生々しく紹介しており、フレデリックの葛藤、周囲の人達の生き様が描かれていて、引き込まれる物語です。

図書館で借りただけですが、読了して良い作品だったら購入して手元に置いておきたいです。


さて。

ミンチン院長は、突然家を飛び出してしまったベスを探しに来た一家を利用しながらダイヤモンド鉱山へ。この一家は大変賢くしっかりしているのですが、なんとなく不逞な輩にコロッと騙されそうで心配になるんですよね。本編でも^^;騙されても絵になると言うか、かわいい一家ですよね、若草一家。ベスは美食を目指して家をでていったのか^^
jig;owajgiowaga

エイミーは忍者!
そう言えば、ミーラさんのウィザードリィ動画では忍者は初登場。

巻物を使用していたのが秀逸!
忍者といえば巻物!でも、この発想は今までなかった。今度ウィズシリーズをプレイする時に持たせてみようっと。

ちょうどエイミーの話を書いていたので、若草物語メインは嬉しい^^
閑話休題 エイミー・マーチの意地


探索したのは浅い階とはいえ、やっぱりマーチ家は強い!バランスが取れているし、メグが僧侶なのも心強い。このゲームでは、宝箱の罠の解除成功率が明記されているので、盗賊と忍者の差が歴然としておりますなぁ…。

新米忍者のエイミーがやらかしも見どころです。

j;gairojga

再び探索は続き。
敵が強くなってきました。ミンチン院長に降りかかる災厄…。果たしてダイヤモンドは手に入るのか…?

若草物語キャラの今後も見てみたい!


ウィザードリィが他のRPGと少し違う点

ドラクエやファイナルファンタジー等、大半のRPGでは、冒険者は主人公一行のみという設定が多いですね。時々村や町で見かける「俺も旅しているんだ」と話すモブキャラはいますが、操作できるのは主人公一行のみ。

しかし、ウィザードリィの世界では、多くの冒険者がいて、プレイヤーは複数のキャラを制作できるし、パーティーも好きなパターンでいくらでも組めます。世界観としては、ダンジョンにいくつものパーティーが徘徊している状況です。

ある者たちは巨悪を倒すために。
ある者たちはダンジョンの謎を解くために。
ある者たちはモンスター退治のために。
ある者たちは生活のために。
ある者たちはその日の酒代のために、日銭稼ぎのために。
ある者たちは戦闘狂と化し、闘いなしでは生きられない精神状態に。
ある者たちは闇落ちしてしまい、ブッシュワッカー、アサシン、アークセージ、ブレードウォーリャーと化した。

プレイヤーが複数のパーティーを駆使して冒険をしていけるのも、ウィザードリィの醍醐味とも言えます。

動画へGO!!
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.