記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィザードリィブログを書くにあたってお世話になっている方々



気の向いた時にダラダラと更新し続けているこんなブログでありますが、解説してから1年以上経過しているんですね^^;

モンスターの特徴やデータ的なことを書いてきましたが、もちろん、得物屋24時間さん無くてはかけませんでした。

また、冒険をするに当たって、マップを参考にしたり、生き詰まった時に参考にしたサイト様もいくつか有ります。

これらサイト様に出会わなければ、私もまともな冒険も出来ませんでしたし、攻略本などと違い、無料で良質な情報を提供してくださって大変感謝いたしております。

さて、そんな参考にしたサイト様方をご紹介いたします。



得物屋24時間
まずはこちらです。
このサイトの情報は素晴らしいですね。モンスター、アイテムデータのみならず、裏技やウィザードリィゲームを構築しているデータなども手に入ります。
モンスター、アイテムのデータは大助かりです。WIZ1では+1武器である切り裂きの剣の方が、+2アイテムである真っ二つの剣よりも高価ですので、ウィザードリィをやり始めた時は、つい切り裂きの剣の方が強いと錯覚してしまいがちです。

ドラゴンクエストやファイナルファンタジーのように、攻撃力が明確に数値化されていないので、どの武器がどれほどの強さかは、実際に使用して見ないことにはわかりません。

実際に使用する楽しみもWIZならではですが、やはり、急いでいる時など、パーティーのレベルを上げたいと思っている時は、武器の性能をいち早く知りたいものですよね。

そんな時は大助かりのサイト。


武器、モンスター以外のデータもすばらしく、他のサイトと較べてデータが濃すぎます!


PROVING GROUND OF MAD OVERLOAD
得物屋さんに出会う前に、WIZ1をプレイしていた頃非常にお世話になったサイトです。
マップも乗っており、モンスターデータも載っています。
WIZ1のモンスターについて記事を書きましたが、データはこちらのサイトを参考に書かせて頂きました。

シンプルな作りのサイトで非常にわかりやすかったです!


#3,Legacy of Llylgamynのお話
リルガミンの遺産の攻略サイトはなかなか見つからなかったのですが(私は検索が下手です^^;)、こちらのサイトを発見しました。
内容はPC版なのかな?FC版とは若干違う部分がありましたが、大いに参考になりました!
何より、ウィザードリィ1狂王の試練場、ウィザードリィダイヤモンドの騎士と比べて、マップの構成が複雑であったため、攻略サイト無しでは攻略はかなりきつかったと思います。

マップさえゲットすれば、経験値稼ぎをして後はマロール移動…。

お陰で大地の杖を取っていないんですよね…^^;

中学校の頃プレイしたように、「ウィザードリィの全て」が手元にない今、大変参考になったサイト様でした。



記憶の沈む場所
こちらはFC版ウィザードリィ3ダイヤモンドの騎士のマップが細かく書かれています。
ダイヤモンドの騎士はリルガミンの遺産のように謎解き要素がそれほど強くなく、徘徊しまくって適当にキーアイテムを集めまくっていれば、攻略出来ちゃうので、しっかりしたマップさえあれば安心です。

過去の記憶も頼りになりましたが、このマップは本当に有りがたかったです。

特に、デーモンロードまでの道はワープゾーンを経由するので、非常に役立ちました。
昔プレイした時はデーモンロードを倒すこと無く終ってしまったんですよね…。



最後に、攻略サイトではありませんが、王道の攻略本を。


ウィザードリィのすべて

ウィザードリィのすべて―ファミコン版

中古価格
¥4,000から
(2014/5/12 17:54時点)


ウィザードリィのすべて ダイヤモンドの騎士

ウィザードリィ3のすべて〈ファミコン版〉

中古価格
¥2,241から
(2014/5/12 17:55時点)



私が中学、高校時代にプレイした時のバイブルでしたw
現在ではプレミア価格になっており、購入するか迷っています^^;
感動したのは、HPについての解釈。そして、ベニー松山さんのウィザードリィへの愛ですね!


関連記事

コメント

No title

一応、攻略本2冊とも持ってるんですが・・・3のなんてもうページが取れかかってボロボロですwv-283

Re: No title

私も昔はボロボロになるまで読んでいました。捨てなければよかったなあ…。

ウィズ作家といえば

個人的にウィズ作家といえばベニー松山もいいですが、最近は三島由紀夫とか大江健三郎なんてもいいか?と思っています。

サムライの三島由紀夫ならばかっこいい!

ムラマサで敵を倒す!とか・・・

ブルーリボンも三島にふさわしい。

とはいうものの大江健三郎の小説みたいにウィザードリィはグロテスクでエロ・・・とかもあって何というか。

渋澤龍彦もまたウィザードリィ的ですよね。

Re: ウィズ作家といえば

三島さんがウィザードリィ小説を書いたら痺れますな!
ウィザードリィを更に流行らせるために、誰か小説でも出版してくれないかな^^;

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク

FC版ウィザードリィ#1

リルガミンの遺産 FC版ウィザードリィ#2

ダイヤモンドの騎士 FC版ウィザードリィ#3

プレイ日記
wiz#3普通のプレイ日記

wiz#3のモンスター達!
地下1階
地下2階(3)

プロフィール

ウィズの輔

Author:ウィズの輔
性別:男
中学生の頃、FC版ウィザードリィ1にはまりました。
無性にまたウィザードリィをやりたくなって、アマゾンで中古ソフト、ヤフオクでパチモン?のFCを購入!
プレイ日記を中心に書いていきます。

ブログランキング

応援よろしくお願いしま~す!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。